映画『春を背負って』のあらすじと評判

「春を背負って」の簡単な紹介とあらすじ
『春を背負って』(はるをせおって)は、笹本稜平原作の同名小説が2014年に松山ケンイチ主演で実写化された立山連峰・大汝山を舞台にした人間ドラマです。

キャストは松山ケンイチ、蒼井優、豊川悦司、檀ふみ、小林薫など豪華俳優人が出演している。

長嶺亨(松山ケンイチ)は、東京で外資系投資銀行トレーダーとして働く多忙な日々を送っていました。
亨の実家は富山県立山で、父は山小屋を経営する厳格な父だった。

その立山連峰で父とともに幼少期を過ごした亨だったが、厳しい父に反発し、東京で働くようになります。

ある日、亨は母・菫(檀ふみ)から亨の父・勇夫が遭難した人を助けようとして事故で急逝したという知らせをうけ、通夜のために立山連峰に帰省することになった。

帰省した亨は母・菫から山小屋を手放すつもりだと聞かされます。

しかし、去年から民宿を手伝っている高澤愛(蒼井優)や父を知る人間と暮らすうち、亨は山小屋・菫小屋を継ぎたいと決意をする。

東京の仕事を退社して、山での新しい生活をする亨だったが、慣れない山仕事に苦労する毎日でした。

ある日、亨は山で亡き父・勇の友人でゴロさんと呼ばれる不思議な男である多田悟郎 (豊川悦司)と出会います。

悟郎は夏だけ山小屋を手伝いに来てくれる大学のときの山岳部の父の後輩だった。

悟郎は夢の中で亨は父・勇に息子を一人前にしてくれと頼まれたのだといい、亨に協力してくれました。

小屋開きを迎え、父・勇の追悼にたくさんの人が来てくれた。

山小屋の仕事は遭難者を守り人の命を預かること、亨は実際の現場に立ち、山小屋の仕事の大変さを思い知った。

亨は山での暮らしや父を知る人々と接するうちに成長していき、ずっと山小屋をやっていく決意をするのでした。